照ノ富士は盤石の3連勝

照ノ富士
照ノ富士

◆大相撲夏場所5日目(16日、東京・両国国技館)

 大関経験者で初めて幕下以下に転落した東三段目49枚目・照ノ富士(27)が西46枚目・駒木龍(34)=木瀬=を寄り切って3連勝。勝ち越しに王手をかけた。

 万全の寄りだった。立ち合いは左で張って、すぐに右を入れ、左上手をガッチリと握り、振るようにして寄り切った。「良かったです」。額からも気持ちいい汗が流れていた。

 両膝にはプロテクターがしっかりと巻かれている。「最初は(プロテクターを付けると)動けなくなるから付けなかったけど、(今は)これがないとね。ちょっとずつ慣れてきたよ。自分はX脚なので、付けると足が真っ直ぐになる。だから余計に痛くなる」と不安を口にしたが、3連勝の内容はそれを払拭するものだった。

 土俵に上がる度に大歓声が沸き上がる。「うれしいですね。あれがなかったら(相撲を)取っていないよ。大歓声があるから相撲を取っている? そうだね。応援してくれる人にいいところを見せたいから」。大声援が照ノ富士の背中を押している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請