ピエール瀧被告が出演の映画「宮本から君へ」、撮り直しせず公開へ

ピエール瀧被告
ピエール瀧被告

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたテクノユニット「電気グルーヴ」メンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が、今秋公開の映画「宮本から君へ」(真利子哲也監督)に出演していることが16日、同作のSNSで発表された。改編や追加撮影は行わないとしている。

 同作のフェイスブックには、昨年9月29日~10月30日の期間に撮影が完了し、事件発覚後に製作委員会で協議が重ねられてきたと記されている。

 それらを考慮した上で「ピエール瀧は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編、追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」と報告した。

 真利子監督も同作公式ツイッターで、「ついに実写化のかじが切られ、かなり手ごわいこの原作をどうやったら映画にできるか、みんなで真剣に向き合いました。この映画の顔ぶれにみじんも悔いはありません」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請