長谷川理恵、横浜で3年ぶりフルマラソン挑戦を表明 甲状腺機能の病気回復し「一大決心」

長谷川理恵
長谷川理恵

 モデルでタレントの長谷川理恵(45)が16日までに自身のインスタグラムを更新し、11月10日の横浜マラソンで3年ぶりにフルマラソンに挑戦することを宣言した。

 2000年のホノルルマラソン出場をきっかけに数々の大会に出場し、3時間15分36秒の自己ベストを持つ長谷川。インスタに動画と長文をアップし「3年ぶりに、フルマラソンに挑戦することになりました。11月10日に開催される横浜マラソンに出場します」と報告。「3年前、甲状腺機能の病気にかかり、フルマラソンはお休みしていました」と明かし、「体調も回復し、今45歳でどこまでいけるのかチャレンジしてみたくなりました」と再挑戦を決めた理由を説明した。

 「息子も小学生になり、少しは時間が出来ると思いきや、相変わらず自分の時間はないけれど、その中でも効率よく練習していけば必ず出来ると信じています。出来ない理由を考える前に、先ずはやってみようかと!」とつづり、「今までとは違う練習方法、栄養摂取の仕方も取り入れていくつもりです。どこまでいけるのか楽しみです!」と期待をコメント。

 「目標はサブ3・5。3時間20分台で走りたいです。目標を設定しないと頑張れないタイプなので」と意気込み、「フルに挑戦してみたい方、産後ランニングを諦めていた方、私も頑張りますので、一緒に走りませんか?間違いなく今年一番の一大決心です!!皆さん、変わらず応援よろしくお願いします!」と呼びかけていた。

 長谷川は飲食店経営などを行うカフェカンパニーの楠本修二郎社長と2012年6月に結婚。同年10月に長男を出産した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請