貴景勝は靱帯損傷で約3週間の加療

4日目の取組後に厳しい表情で引き揚げる貴景勝
4日目の取組後に厳しい表情で引き揚げる貴景勝

 日本相撲協会は夏場所5日目の16日、新大関・貴景勝(22)=千賀ノ浦=が「右膝関節内側側副靱帯(じんたい)損傷で今後約3週間の加療を要する見込み」の診断書を提出して休場したと発表した。

 貴景勝の休場は昨年の春場所以来、2度目。再出場の可能性はなく、名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズ・アリーナ)がいきなりカド番になる。

 新大関の休場は現行のカド番制度となった1969年以降では昨年の名古屋場所の栃ノ心(春日野)以来、8人目。翌場所も負け越して大関から陥落したのは武双山(現藤島親方)だけで、その翌場所には関脇で10勝を挙げて大関に復帰している。5日目に対戦する予定だった玉鷲(片男波)は不戦勝となった。

 4日目の御嶽海(出羽海)との一番で投げを打った瞬間、右膝の内側を痛めたという。支度部屋では「大丈夫です。痛めてないです」と気丈に振る舞っていたが、この日の早朝に複数の病院で検査を受けて休場を決めた。今場所は2006年の夏場所の白鵬(宮城野)以来、新大関Vが期待されていただけに、まさかのアクシデントとなった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請