【巨人】4連敗脱出へ6選手入れ替え…沢村と桜井リリーフ昇格、ゲレーロも

リリーフとして1軍に昇格する沢村
リリーフとして1軍に昇格する沢村

 巨人の沢村拓一投手(31)、桜井俊貴投手(25)、アレックス・ゲレーロ外野手(32)が17日の中日戦(ナゴヤD)から1軍に昇格する。代わりに野上亮磨投手(31)、ホルヘ・マルティネス内野手(26)、立岡宗一郎外野手(28)が2軍に合流する。

 沢村は2月のキャンプ終盤にリリーフから先発に再転向した。4月6日のDeNA戦(横浜)で1軍昇格して5年ぶりに先発。4回途中4失点で敗戦投手となり2軍に再合流していた。15日のイースタン・DeNA戦(G球場)で先発して3回2失点だった。今回はリリーフとしての昇格で、セーブ王のタイトルを獲得した経験もある右腕に首脳陣も期待している。

 桜井は今季リリーフに専念して開幕1軍入りして7試合に登板。先発投手と入れ替えという形で今月2日に登録を抹消されていた。

 ゲレーロは今季1軍で30試合、打率2割2分6厘、4本塁打、13打点。ビヤヌエバとともに6日に出場選手登録を抹消された。2軍降格後は3試合連続本塁打とアピールしていた。

 1軍は首位に立つが今季初の4連敗中。計6選手の入れ替えで流れを変える。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請