チヌ本番だ44センチ…兵庫・室津

この日の最長寸44センチのチヌを仕留めた内野さん
この日の最長寸44センチのチヌを仕留めた内野さん

 師匠である三阪和政氏(報知APG)と龍野荒磯会の2人を誘い4月28日、兵庫県たつの市の播州室津沖にある唐荷島に乗っ込みチヌを狙い釣行した。唐荷島は本土寄りから地、中、沖と3つの島からなり潮流が複雑でチヌの魚影が濃い釣り場だ。

 午前8時に出船し、5分で地の唐荷島に到着。私と三阪氏がここに上がり、他の2人は沖の唐荷島へと向かった。

 まずはたっぷりとまき餌をし、様子を見る。エサ取りもまだこの時期は少ないようだ。20メートル沖のかけ上がり付近にまき餌を打ち、ウキ下2ヒロ半の仕掛けを投入。すぐさまウキをめがけてまき餌を追い打ちするサンドイッチ釣法で、右に流れる潮に流し込んでいった。

 1時間ほどたってモゾッとした前アタリの後、ジワジワとウキが入っていく。すかさず合わせを入れると重量感が竿に伝わった。ゴンゴンとチヌ独特の首を振る引きを味わい、上がってきたのは腹パンパンの本命35センチ。

 右からの潮が左に流れだした頃、三阪氏も同サイズを取り込んでいた。ジアイ到来かとまき餌の回数を増やし、30メートルほど流したところでウキが消し込まれた。手前に生えてるガラモを竿で避け、無事に取り込んだのは40センチ。この後も同サイズを2尾追加した。

 納竿時間が近づいた頃、まき餌の帯の外側を流してみると狙い通りアタリが。竿の曲がりも今までと違う。強い引きをゆっくり楽しみタモに収まったのは、本日最長寸の44センチ! その後、潮も緩みだした午後2時に納竿した。

 当日は小潮で潮が右へ左へとふらつき、入れ食いとまではいかなかったが35~44センチ5尾を仕留めることができた。三阪氏も同サイズ4尾、細見氏は45センチ級3尾の釣果があった。室津沖のチヌはこれから本番。例年は梅雨明け頃まで楽しめる。

 問い合わせは兵庫・室津の「住栄丸」(TEL079・324・0351)へ。料金は2500円。(報知APG・内野 伸二)

 ◆この日の餌 まき餌は生オキアミにマルキユー「チヌパワーVSP」と「チヌパワーV9遠投」を各1袋を混合。刺し餌はオキアミを使用。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請