高木美保ピリつく「失礼!」…玉川徹氏、小室圭さんを巡り皇室ジャーナリストに「小姑の話を聞いているよう…」

羽鳥慎一
羽鳥慎一

 16日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期となっている小室圭さんについて緊急アンケートを行った。

番組では、小室さんが留学先の米フォーダム大学の試験が終了し、夏休みに入ることを報じた。番組では街頭で100人に「眞子さま・小室さんのご結婚 応援できる?」との質問で緊急アンケートを行った。

 それによると「応援できない」が19人。小室さんが「NY州弁護士資格取ったら応援できる」が4人。「一時金1~1・5億円辞退すれば応援できる」が9人。小室さんの母の「400万円の金銭問題解決すれば応援できる」が26人。「応援できる」が42人だった。

 この結果にコメンテーターで同局の玉川徹氏は「ボクはホッとしました。皇族といっても人間なんで結婚というのは何よりもお互いの愛情が大事なのであって、例えば家柄が良くて経済力もあってだけど好きじゃない人とそういうような人と結婚すればいいんですか?とボクは思うんですね」などと指摘した。

 これに対しゲストの皇室ジャーナリストの近重幸哉氏が「でも、お父様である秋篠宮殿下が色々な意見を聞かれて今の状態では納采の儀を行うことはできないと公の場でおっしゃっているわけですね。その言葉をどう捉えるかということもあると思うんですね」とコメントした。玉川氏は「親としてはそうでしょう。だから小室さんはニューヨークまで行って自分が職業として選ぶものを一生懸命頑張って得ようとしているわけですよね。だったら普通に応援すればいいわけじゃないですか。そうじゃないですもん雰囲気が。相応しくないって話の方が」と反論した。

 これに近重氏は小室さんの母親の金銭問題の解決とさらに「それなりに就職して家庭を築く準備も出来たと思う。まずは生活を安定させてニューヨークへ行く勉強する資金も自分がある程度、貯金して、持ってて国際弁護士になる方も行かれている方も多いと言われてるんですけど」と指摘した。これに玉川氏は「ボクは小姑の話を聞いているようにしか聞こえないんです」と憤慨すると、コメンテーターで女優の高木美保から「その言い方はちょっと失礼だと思います」とたしなめられた。これに「失礼は承知でいいますけど」と続けると高木から「けんか腰になるのはおやめになった方がいい」と繰り返したしなめられていた。

 それでも玉川氏は「近重さんもジャーナリストですよね。あの段階で会見をしたらどうなったと思います?」と尋ね「会見をしろとはボクは言ってないです」などと近重氏は反論しスタジオは緊迫感に包まれていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請