今平周吾、自身5度目のメジャーで初の予選通過を目指す「フェアウェーに行けばチャンスは増える」

練習ラウンド後、ファンにサインする今平周吾
練習ラウンド後、ファンにサインする今平周吾

◆米男子プロゴルフツアー メジャー第2戦 全米プロ選手権(16日開幕、米ニューヨーク州ベスページブラックC=7459ヤード、パー70)

 2年連続の出場となり自身5度目の海外メジャーで初の予選通過を目指す今平周吾(26)=フリー=は15日、9ホールの練習ラウンドで調整した。「ラフが深くて(入れたら)出すだけになる」と警戒し、「なるべくフェアウェーに持っていきたい。フェアウェーにいけばチャンスは増えてくると思う。予選通過が目標」と力を込めた。

 前週の国内ツアー、アジアパシフィックダイヤモンドカップ(21位)を終え、13日に米国入り。14日には「3時間しか寝ていない」と苦笑いしていたが、この日は「昨日はだいぶ眠れました」と笑顔。予選ラウンドではタイガー・ウッズ、ブルックス・ケプカ(ともに米国)ら最注目組の1組後ろで回るため「前にタイガーがいるのは楽しみですね」と心待ちにしていた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請