大谷翔平、猛打も走塁死走塁死「見直す必要がある」3割超えて通算100安打達成

6回1死一、三塁で憤死する大谷(ロイター)
6回1死一、三塁で憤死する大谷(ロイター)

◆ツインズ4―3エンゼルス(14日、ミネソタ・ターゲットフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が14日(日本時間15日)、今季初の猛打賞で打率3割を超えた。敵地のツインズ戦に「3番・指名打者」で先発。出場した試合では3戦連続の複数安打&打点も記録して、メジャー通算100安打も達成した。

 鋭い中前安打2本に内野安打が1本。今季初でメジャー5度目の3安打をマークした。「各打席、ボールも見えていましたし、いい反応ができたかなと思っています」と納得。最近3試合では13日に初本塁打を放つなど12打数7安打、打率は3割2分1厘。すでに6打点と勝負強さも発揮し、「いろいろなシチュエーションの中で自分の打撃を変えながら打線が回るように、良い仕事ができたらなと思っています」と気を引き締めた。

 課題も見えた。1点差に迫る適時打を放った6回には一塁から三塁を狙うも、二塁を回ったところでいったん止まりかけた判断ミスもあって三塁でアウトに。同点の走者だった8回には中前打で二塁から本塁を狙ったが再びタッチアウトになった。特に8回には「スタートだったり、リードだったりそういう細かいところはまだ見直す必要があると思っています」と大谷。1点差で惜敗し、打点を挙げれば4戦無敗の不敗神話も崩れた。(秋野 未知)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請