【日本ハム】大田連発など8点先行も逆転負け 栗山監督「全てこっちの責任」

3回2死、大田が左越えに8号ソロを放つ
3回2死、大田が左越えに8号ソロを放つ

◆楽天9x―8日本ハム=延長11回=(15日・楽天生命パーク)

 日本ハム・大田の2打席連発弾などで先行するも、8点差を逆転され今季初のサヨナラ負けを喫した。1打席目に2ラン、2打席目にソロ。第3打席には1死満塁での遊ゴロに全力疾走。併殺崩れで1打点を挙げた。「最低限のことはできている」と謙虚だが、5打数2本塁打4打点と大暴れ。打率3割1分7厘、8本塁打、30打点はチーム内3冠と存在感を発揮した。

 守備でも7回には抜ければ長打の右中間の飛球を好捕した。延長11回のサヨナラの場面では右翼から好返球も紙一重でセーフ。「最後刺したかったですけど、運のところもあるから」と振り返った。中2日の先発・金子を4回途中で満塁弾を被弾した時点で交代。リリーフ陣をつぎ込んだが踏ん張りきれず、今季初の貯金3はならなかった。栗山監督は「結果的に8点取って負けている。それは全てこっちの責任だから」と責任を背負った。(秦 雄太郎)

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請