【ヤクルト】5点リード守れず2度目のサヨナラ負け 代役守護神の梅野が4失点

 ◆広島9x―7ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

 ヤクルトが最大5点リードを守れず、今季2度目のサヨナラ負け。広島、阪神に同率で並ばれた。

 泥臭い得点でじわじわと天敵を攻略したはずだった。通算0勝10敗の大瀬良に対し、初回に雄平の右前適時打と村上の遊ゴロの間に2点を先制。3回は雄平の左犠飛、6回は敵失の間、7回は山田哲の三ゴロの間、雄平の遊ゴロの間、村上の遊撃適時内野安打で効果的に得点を重ねた。

 ところが、先発スアレスの1回緊急降板の影響が最後に現れた。4点リードの9回。代役守護神の梅野は決してボールは悪くなかったが、打者10人の攻撃で同点を許し、延長10回に中尾が鈴木にこの日2本目のサヨナラ2ランを献上した。3失策やセーフティースクイズ失敗も後に響いた。小川監督は「特にコメントはないです」と厳しい表情を浮かべ、梅野も「4点守りきれんかった。悔しいです」とぼう然としていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請