元仮面女子・橋本ゆき渋谷区議、TDSのような世界観作りを…ハロウィーン期間中「路上飲酒禁止」条例

ハロウィーンについて語った橋本ゆき渋谷区議
ハロウィーンについて語った橋本ゆき渋谷区議

 東京・JR渋谷駅前周辺で昨秋のハロウィーン時に逮捕者が出るなどトラブルが相次いだことから、渋谷区が設置した対策検討会が15日、期間中などに路上飲酒を禁止する混乱防止策を盛り込んだ中間報告を公表した。区は路上などでの飲酒を禁止する内容を含んだ条例案を区議会に提出する予定。長谷部健区長(47)は今年のハロウィーンからの施行を目指しており、渋谷駅周辺の「景色」が昨年までと大きく変化する可能性がある。4月の渋谷区議選で初当選した橋本ゆき氏(26)は「世界観を作ることが大事」と訴えた。

 昨年は、ハロウィーンの翌朝に仮装をしてゴミ拾いをしたのですが、渋谷の街のあちこちにゴミが散乱しているのを見て驚きました。

 路上飲酒の禁止も含め、条例にしなくても守れるのが理想ではあります。でも、去年の騒動を見ると、渋谷に遊びに来る人たちや住んでいる人たちが安心安全であるためには、ある程度の規制はやむを得ないのではないでしょうか。

 ただ、「何でも禁止」と締め付けるばかりでもダメでしょう。私個人としては「世界観を作る」ことが大事だと考えています。例えば、東京ディズニーシーではお酒を飲めますが、他人に迷惑がかかる大騒ぎをする人はいません。去年、車を横転させた人も、それより楽しいイベントがあれば、暴れることはないのでは。参加する全員が楽しめるような渋谷のハロウィーンにしていくために、私も議会などで検討をしていきたいと思います。(談)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請