【ロッテ】荻野「仕事はできた」3安打で首位打者浮上

ロッテ・荻野貴司
ロッテ・荻野貴司

◆ロッテ2―3オリックス(15日・ZOZOマリン)

 ロッテ・荻野貴司外野手(33)が3安打をマークしソフトバンク・今宮と並んで首位打者に浮上した。

 初回に遊撃内野安打と盗塁、暴投で三塁に進むと鈴木の二ゴロで生還し4戦連続得点をマーク。さらに3回に左翼線二塁打と8回には右中間二塁打を放ちチャンスメイクした。「塁に出るというのが仕事。それはできたのかなと思います」。チームが敗れたため控えめだったが、リードオフマンとして存在感を発揮した。

 打撃好調の理由については「ラッキーなヒットも重なっている。いつもは結構(好不調の)波があるんですけど、今年は波があっても小さい波なので」と説明。打率が3割3分3厘まで上がったことに関しては「あまり気にしてない。うれしいことはうれしですけど、これで終わりじゃないので」と気を引き締めていた。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請