馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【日本ダービー】サートゥルナーリアにレーン騎手が初騎乗!無敗のクラシック2冠に手応え「間違いなく能力ある」

レーンが初めてまたがったサートゥルナーリア。鋭い切れ味で3馬身先着した
レーンが初めてまたがったサートゥルナーリア。鋭い切れ味で3馬身先着した

◆日本ダービー1週前追い切り(15日・栗東トレセン)

 日本ダービー・G1(26日、東京)で注目を集める皐月賞馬のサートゥルナーリアが15日、栗東・CWコースで1週前追い切りを行った。

 主戦のルメールが騎乗停止となり、初めてコンビを組むレーンが関東から駆けつけて騎乗。3頭併せの最後方から進めて直線では外から内のタニノミッション(3歳500万)、中のタニノフランケル(4歳オープン)を豪快にかわして3馬身先着。6ハロン87秒0―11秒4とラストは鋭く伸ばした。

 初騎乗のレーンは「間違いなく能力があり、いい調教ができる印象があった。実際に乗ってみて、その通り。馬の仕上がりはとてもいい。力強くてパワーを持っている。満足できた」と手応え十分の様子。初めての短期免許で4月27日から騎乗している25歳は、先週まで13勝。ノームコアに騎乗した先週のヴィクトリアマイルでG1初制覇を飾り、ここまで重賞3勝と大暴れのオーストラリアの25歳を多くの報道陣が取り囲んだ。

 ホープフルSから最長ブランクとなる中106日で皐月賞を制覇。05年のディープインパクト以来、14年ぶりの無敗のクラシック2冠を目指す。「非常に珍しいケースで簡単ではない。でも、ステップアップできるだけの馬。調子の良さと力量差で、いいレースができると思う」とレーンは力を込めた。偉業の達成へ、着々と準備は進んでいる。(内尾 篤嗣)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請