【ヤクルト】新助っ投スアレスがまさかの1回緊急降板 アクシデントか

2回1死一塁、スリーバント失敗し、三振に倒れるスアレス(カメラ・豊田 秀一)
2回1死一塁、スリーバント失敗し、三振に倒れるスアレス(カメラ・豊田 秀一)

 ◆広島―ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

 ヤクルトのアルバート・スアレス投手(29)が1回で緊急降板した。

 まだ明るいスタジアムにどよめきが起こった。この日が1軍では2日のDeNA戦(横浜)以来の先発。初回無死一、三塁のピンチを無失点でしのぐと、2回1死一塁の打席に立ち、送りバントを失敗してからベンチ裏へ消えた。3月には右足首を負傷し、開幕から出遅れている。

 チームは5月に入ってからバレンティン、石山、上田、青木、山田哲、西浦らにアクシデントが続出中。2回からは2年目の大下がマウンドに上がった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請