江原啓之氏、丸山穂高議員は「頭利口の心バカ」「志があるなら辞職を」

江原啓之氏
江原啓之氏

 スピリチュアリストの江原啓之氏(54)が15日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に週1回のコメンテーターとして生出演。戦争による北方領土返還を元島民に問いかけ、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員について「潔く(議員を)辞職していただきたい」と話した。

 「この方に、もし良心というものとか、もしくは政治家としての志があるんだったら、潔く辞職していただきたい。離党だけではダメですよ。大変な問題を起こしてしまってるわけだし、その自覚がないようだったら、もう議員としておしまいですよね」と批判したうえで「それでいて素晴らしい学歴でしょ、この方。東大も出てらっしゃって。でも、こういう方は『頭利口の心バカ』って言うんです。どんだけの学歴を持ってても、心バカじゃしょうがない。頭利口より心利口の方が大切」と独自の見方を示した。

 丸山氏は北方領土へのビザなし交流訪問団に同行した11日夜、元島民の訪問団長が宿舎で取材を受けていた際に割り込む形で持論を展開。「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと元島民に発言した。当時は酒に酔っており、翌12日には参加者に態度をいさめられ、現地で謝罪に追い込まれた。2015年末にも東京都内で飲酒後、一般人と口論になり、相手の手をかむトラブルを起こして党に厳重注意され、「断酒」を誓約。再度飲酒した場合の議員辞職にも言及していた。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は15日の記者会見で、丸山氏に対する辞職勧告決議案が提出されれば、賛成する方針を明らかにした。維新代表の松井一郎大阪市長もこの日、日本記者クラブで会見し、丸山氏について「国会で辞職勧告になるだろうし、われわれも賛成する。本人がことの重大性に気付いて潔く身を処すべきだ」と重ねて辞職を求めた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請