【阪神】糸井 39試合ぶりの先制2号2ラン「良いスイングをすることができました」

◆巨人―阪神(15日・東京D)

 阪神・糸井嘉男外野手(37)が先制の2号2ランを放った。

 初回1死一塁で菅野の135キロの変化球を完璧に捉えた。打球は右翼席中段まで一直線。3月30日のヤクルト戦(京セラD)以来、39試合ぶりの一発が飛び出した。

 「打ったのはスライダー。しっかり良いスイングをすることができました。相手が良い投手なので、初回から先制することができて良かったです」と喜んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請