2020年シーズンから高校野球は白スパイクも使用可能へ

 日本高野連は15日、大阪市内で理事会と評議員会を開き、「高校野球用具の使用制限」で規定していたスパイクの色を、これまでは黒だけとしていたが、熱中症対策として、2020年度シーズンから白スパイクも使用可能とすると決定した。

 一昨年頃から、技術・振興委員会などで「黒にこだわる必要がないのではないか」という意見が出ていた。日本高野連の竹中事務局長は「見た目も涼しげ。非公式だが、(スパイク)中の温度がだいぶ違う」と、メーカーの実験でデータが出ていることを明かした。

 また、会長に3期目となる八田英二氏(70)、副会長に西岡宏堂氏(75)、高橋順二氏(69)、井上康雄氏(60)を再任した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請