馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 中京 函館

【オークス】桜花賞3着クロノジェネシスが栗東・CWコースで楽に先着 北村友一「これまでで一番いい」

北村友が乗り、CWコース併せ馬で追い切られたクロノジェネシス(左)(カメラ・高橋 由二)
北村友が乗り、CWコース併せ馬で追い切られたクロノジェネシス(左)(カメラ・高橋 由二)

◆オークス追い切り(5月15日・栗東トレセン)

 牝馬クラシック第2戦の第80回オークス・G1(5月19日、東京競馬場・芝2400メートル)で、桜花賞3着からの逆転を狙うクロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父バゴ)が15日、栗東トレセンで追い切りを行った。

 主戦の北村友一騎手を背に栗東・CWコースでサマーセント(3歳500万)を離れた後方から追走。馬のリズムを重視してゆったり進めると、内に入れた直線では気持ち良く脚を伸ばして首差先着した。北村友騎手は「これまでの最終追い切りは、僕が手応えを探るような感じで乗っていたけど、今日は馬の力を信じて乗りました。終始いいリズムで、いい時計が出ましたし、調子がいい証拠でしょう。これまでで一番いいと思います」と悲願のG1初制覇に大きな期待を寄せた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請