巨人・坂本勇、開幕連続試合出塁止まった 金本も長嶋も記録阻止したのは阪神だった

9回2死、ニ飛に打ち取られた坂本勇人(6)。開幕からの連続試合出塁が「36」で止まった(カメラ・竜田 卓)
9回2死、ニ飛に打ち取られた坂本勇人(6)。開幕からの連続試合出塁が「36」で止まった(カメラ・竜田 卓)

◆巨人2―4阪神(14日・東京ドーム)

 巨人は令和初の伝統の一戦に臨んだが、阪神に逆転負け。今季初の3連敗を喫した。セ・リーグ記録を更新した坂本勇の開幕戦からの連続出塁も36試合でストップした。

  *  *  *

 坂本勇(巨)は5打席出塁なし。開幕戦からの連続試合出塁のセ・リーグ記録は、36試合でストップした。阪神先発の青柳と3打席、リリーフのジョンソン、ドリスと各1打席対戦し、安打、四死球0に抑えられた

 この試合の前まで、青柳との通算対戦成績は、15打数2安打の打率・133(この試合を加え18―2の・111)。相性の良くない先発投手に出はなをくじかれたのが痛かった。

 ちなみに開幕戦から35試合連続で出塁、前セ記録保持者の97年金本知憲(広)も、36試合目の5月23日阪神戦(倉敷)で4打席出塁0で記録ストップ。巨人球団3位となる、32試合連続の64年長嶋茂雄も、33試合目の5月3日阪神戦(後楽園)で4打席出塁0でストップ。次の広島戦からまた30試合連続で出塁。阪神戦が、鬼門?になった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請