【巨人】虎キラー高橋優貴、2戦連続6回1失点で驚異の防御率1・98に

気迫の投球で6回を1失点に抑えた高橋(カメラ・関口 俊明)
気迫の投球で6回を1失点に抑えた高橋(カメラ・関口 俊明)
高橋の今季投手成績と新人王を争う主な選手の成績
高橋の今季投手成績と新人王を争う主な選手の成績

◆巨人2―4阪神(14日・東京ドーム)

 粘って6回を最少失点で切り抜けた。初回2死一塁、高橋が大山への初球を投じると一塁走者の糸井が二盗。大城の悪送球も絡み一気に三塁のピンチを背負った。だが、虎の4番を切れ味抜群のスライダーで右飛に打ち取り、先制点を阻止。マウンドで軽く跳ね、小さく息を吐いた。

 6回3安打1失点の粘投も「勝ち越し、同点までは許さなかったけど、自分の役割としてはチームが勝ってこそなので」と唇をかんだ。過去5戦は炭谷とバッテリーを組んできたが、この日は大城と初タッグ。それでも課題の制球力は安定し、与えた四球はわずか1。5、6回は3者凡退に打ち取り、勝ち星こそつかなかったが、1点のリードを守り抜いてマウンドを降りた。

 自らの意図を捕手に伝え、ミット目がけて投げ込んだ。糸井の2打席目。追い込んでからの4球目に捕手のサインに首を振った。選択したのは得意のスクリュー。これまで左打者にはほとんど投げることがなかった球種だ。ファウルにされたが、糸井は目を丸くした。

 「(左右)どちらにも投げられるぞっていうところも見せたかった。これからは対戦する中で配球の癖も出てくると思うので」と高橋。ここまでセ・リーグ5球団と対戦。2巡目に入り、前回とは違う一面を見せ、次回登板への布石を打っている。新人王を争う虎のリードオフマン・近本も3打数無安打に封じ、自らの存在をアピールした。

 自分で考えて行動する。幼少期から継続していることだ。中学時は友部シニアに所属。土日はシニアの練習のため部活に出られなかった。だが、平日の時間を有効活用するため「自分はクラブチームでやるけど、入らせてください」と陸上部への入部を直訴。体力強化を目的に3年間在籍した。朝練は自由参加だったが、友人とともに毎朝眠い目をこすりながら参加した。

 これで阪神相手に2戦連続で6回1失点。ルーキーながら“虎キラー”ぶりを発揮。規定投球回にわずか2/3及ばずも防御率は驚異の1・98。この日の好投で21日に行われる地元・ひたちなかでの凱旋登板(DeNA戦)もほぼ手中に収めた。「長いシーズンを1年間戦い抜くためにやっていきたい」と高橋。チームにとって待望のエース左腕への道を、順調に歩んでいる。(河原崎 功治)

試合詳細
気迫の投球で6回を1失点に抑えた高橋(カメラ・関口 俊明)
高橋の今季投手成績と新人王を争う主な選手の成績
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請