【巨人】坂本勇人は5打数無安打 開幕からの連続試合出塁は「36」でストップ「なかなか簡単には打たせてくれない」

2回1死二、三塁、空振り三振に倒れた坂本勇(カメラ・生澤 英里香) 
2回1死二、三塁、空振り三振に倒れた坂本勇(カメラ・生澤 英里香) 

◆巨人2―4阪神(14日・東京ドーム)

 巨人の坂本勇人内野手(30)が、5打数無安打に終わり、開幕戦からの連続試合出塁が36でストップした。阪神先発・青柳の前に、初回無死三塁では相手の好守備に阻まれ三直に倒れると、2回1死二、三塁では空振り三振、5回先頭では投ゴロ。試合前まで通算の対戦成績で15打数2安打に封じられていた右腕の前にこの日も苦戦し、「なかなか簡単には打たせてくれない。緩急というかね、よく苦労させられています」と振り返った。

 ジョンソンと対戦した7回1死では空振り三振、9回2死では相手守護神・ドリスの前に二飛に倒れた。

 チームも3連敗となったが「3連敗することもある。反省を生かして、明日はエース(の菅野)が投げるのでね」と必勝を期した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請