苦しむ香川真司、“先発直談判”実らずまたも途中出場「受け入れるしかない」

香川真司
香川真司

 【イスタンブール(トルコ)13日=本田千尋】トルコ1部ベシクタシュの日本代表MF香川真司は、ホームのアランヤスポル戦で2―1とリードした後半23分から出場したが、得点には絡めなかった。試合は2―1で勝利した。

*  *  *

 後半途中出場した香川は積極的にゴールを狙ったが決め切れなかった。冬にドルトムント(ドイツ)から今季終了までの期限付き移籍で加入。首脳陣に先発出場の“直談判”を行ったことを明かしたが、これで3試合連続のベンチスタート。「最終的には監督に決定権がある。受け入れるしかない」と唇をかみ、「半年で結果を残す難しさはあるが、次のステップに行くためにはいい経験」と前を見据えた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請