大体大が5季ぶり38度目の優勝 4年ぶり18度目の全日本大学野球選手権出場が決定

7回、勝ち越し適時打を放ち、ベンチに向かって万歳をする大体大・坂井(左)
7回、勝ち越し適時打を放ち、ベンチに向かって万歳をする大体大・坂井(左)

◆阪神大学野球春季リーグ戦 ▽第6節 大体大11―4関西国際大(14日・万博球場)

 大体大が2勝1敗で勝ち点4とし、5季ぶり38度目の優勝を飾った。4年ぶり18度目の全日本大学野球選手権(6月10~16日・神宮、東京D=報知新聞社後援)出場を決めた。

 大体大は3回、坂井慎平右翼手(3年)のスクイズで先制。6回に追いつかれたが、7回に坂井の左前適時打で勝ち越し、駒方公紀遊撃手(4年)の左越え3ランで突き放した。8回に1点差に詰め寄られたものの、9回に日笠修汰二塁手(1年)の左前タイムリーと、高橋直政中堅手(4年)の3点三塁打などで6点を加えて逃げ切った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請