【巨人】山本泰寛は真面目、ストイックと思いきやおちゃらけキャラ…チームメート語る

山本泰寛
山本泰寛

 巨人の4年目、山本泰寛内野手(25)が二塁のスタメンに名を連ね、奮闘を続けている。チームが吉川尚の離脱という危機を迎える中、4月16日の広島戦(鹿児島)に昇格即「7番・二塁」で先発出場すると、泥臭い必死なプレーで攻守に躍動。女性ファンからの人気も高まるばかりだ。恩師に当たる慶応高前監督・上田誠氏(61)や慶大野球部の後輩、巨人のチームメートらの証言で、その素顔に迫る。

 今村信貴(同学年)「とにかく真面目。何事にも全力だし、試合の準備もすごくやっていると思う。鼻の下にいつも汗をかいてたりとか、カワイイ一面もあるんですよ」

 田中俊太(同学年)「真面目です。野球以外でも真面目…ですね(笑い)。そんなに、はっちゃけることはない感じ。落ち着いていて話しやすくて。打ったら『おっしゃー』とか『俺も頑張らないと』とか、自分も勇気をもらえます」

 宇佐見真吾(同学年で同期入団)「ああ見えてすごく大食い。自分も大食いだと思ってたけど、それ以上。ご飯行った時もお互い10品くらい頼んで、自分が残したやつとかも『うまい』って言って平気で平らげる。性格は優しいし、真面目。みんなから愛されるキャラだと思います」

 桜井俊貴(同学年で同期入団)「とにかく野球に対してめちゃくちゃストイックだと思います。例えば、ヨガにも挑戦したりしてて、それは野球のため、体を柔らかくするためにやっているというのを聞いて、すごく驚きました」

 増田大輝(同学年で同期入団)「野球以外だったら野球の時よりはるかに笑顔が多いと思いますね(笑い)。確かにみんなが言うように真面目ですけど、実は私生活ではちょっとおちゃらけキャラというか。一緒にいる時とか、ご飯を食べに行ったりした時とか、そういう感じになる時はありますよ」

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請