【日本ハム】栗山監督、復帰清宮へゲキ「3日たったら1軍出てろ…の覚悟で」

北海道大学病院の院内学級を訪問し、子供たちの質問に答える中島(右)と栗山監督
北海道大学病院の院内学級を訪問し、子供たちの質問に答える中島(右)と栗山監督

 日本ハムの栗山英樹監督(58)が13日、14日のイースタン・ロッテ戦(鎌ケ谷)で実戦復帰する清宮幸太郎内野手(19)にハッパをかけた。楽天3連戦に向け、新千歳空港から移動。右手有鈎(ゆうこう)骨骨折から復活を目指す怪物の1軍昇格時期について「目安は設けない。3日たったら1軍で試合出てろ、みたいな。それは無理だけど、そのくらいの覚悟で」とゲキを飛ばした。

 結果を残して昇格切符をつかんでほしい。14日の復帰初戦は指名打者で2打席を予定。状態を見て徐々に打席数を積ませていく。実戦は3月3日のオープン戦・DeNA戦(札幌D)以来、約2か月ぶり。打撃勘を戻すのは容易ではないが、「絶対、上で(試合に)出さなきゃっていうのは空気だったり、気持ちだったり、魂だったりするじゃん。あとは幸太郎がどうやって(空気を)つくるか」と奮起に期待した。

 一方で、古傷の右肘の状態もあり、守備には不安を残す。守備の実戦復帰については「その中の線引きはある。それも全て含め、体の状態を見て」。慎重にタイミングを見極める。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請