【広島】週7勤の男レグナルト、宝塚のラーメン食べたくて“こってり”逆取材

広島・レグナルト
広島・レグナルト

 広島は13日、登板2日後のいわゆる“あがり”だったジョンソンを除く、野村、大瀬良、床田、アドゥワの先発陣がマツダスタジアムで調整したが、練習参加の必要がなかったカイル・レグナルト投手(30)も志願してグラウンド入り。マジメ助っ人ぶりを見せつけた。

 ここまで「ハンマー」と呼ばれる鋭いカーブを武器に、開幕15試合連続無失点を継続している救援左腕。普段から「何もしないより、少しでも体を動かした方が、翌日のパフォーマンスがいいんだ」と話す通り、オフでも球場に足を運ぶのが日課。この日も軽い調整をこなした。「俺はセブン・デイズ・ア・ウィーク(週7勤)の男さ。でもきょうはキャッチボール程度。イージーな日だったよ。じゃあ、またあした」とジェシカ夫人の待つ家路を急いだ。

 マツダスタジアムでの試合後は、そのジェシカ夫人と仲良く自転車で帰宅する。松長通訳も「カントリー(エルドレッド)のように自転車通勤する外国人はたくさんいましたが、夫婦一緒なのは初めてじゃないですかね」と驚く仲むつまじさ。最愛の妻は12日の試合も、赤白ボーダーのカットソーに赤いスニーカーというファッション。「だって私もカープの一員だもの」と、球場では常に赤い服を身につけて夫を鼓舞している。

 マジメ左腕はラーメンの食べ歩きを趣味にするなど、日本文化の吸収に余念がない。「やっぱり一番好きなのは『一蘭』(いちらん=豚骨ラーメン店チェーン)さ」と話すが、雑談していたスポーツ紙記者とテレビ記者が「一番おいしい豚骨ラーメン店は兵庫・宝塚市の『しぇからしか』だ」と声をそろえたものだから、もう興味津々。「タカラヅカ? 甲子園に近い? (関西遠征の定宿がある)神戸から車で何分で行ける? どんな味? 野獣のようなワイルドな味だって?」と、豚骨スープのように“こってり”逆取材。神戸からは意外と遠いことが分かり肩を落としていた。

 日本語も日に日に語彙(ごい)を増やしており、自身の名もカタカナでバッチリ書けるようになった。「『レグナルト』はマスターしたよ。ファースト・ネーム(カイル)はまだだけどね」。メジャー経験はないが、日本人以上に勤勉な米国人がジャパニーズ・ドリームをつかむ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請