「調子乗り世代」の佛教大が2季連続54度目の優勝 5年ぶり20度目の全日本大学野球選手権出場が決定

2季連続優勝を決めて大喜びする佛教大ナイン
2季連続優勝を決めて大喜びする佛教大ナイン

◆京滋大学野球春季リーグ戦 ▽第5節 佛教大5―1京都先端科学大(13日・皇子山)

 佛教大が京都先端科学大(京都学園大から改称)を破り、2季連続54度目の優勝を飾った。5年ぶり20度目の全日本大学野球選手権(6月10~16日・神宮、東京D=報知新聞社後援)出場を決めた。田原完行監督(59)は「(現チームは)調子乗り。力がないし、技術もない。人間的な成長がすべて」と、選手を褒めたたえた。

 佛教大は初回、石井太尊一塁手(4年)の2点三塁打で先制し、木岡大地中堅手(2年)の左犠飛で1点を加えた。4回は坪倉斗真捕手(4年)の右前適時打で加点した。8回は唐沢颯遊撃手(3年)の適時二塁打でダメ押しした。投げては、中山怜央(4年)が1失点で完投した。中山怜は「最後まで投げ切るつもりだった。この冬で課題の制球力を磨いて、ストライク先行でいけた」と、3安打無死四球と好投した。

 プロボクシング元ヘビー級王者のマイク・タイソンから太尊と名付けられたという石井は「全国で勝ち上がっていくことが目標。スタート地点に立てたのでよかった」と、喜びをかみしめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請