川相昌弘氏、元ヤクルトGキラー川崎氏と1打席対決でバント「誰がランナーでもセーフになる」

川崎憲次郎氏(左)との1打席対決で、バントを決めた川相昌弘氏(カメラ・生澤 英里香)
川崎憲次郎氏(左)との1打席対決で、バントを決めた川相昌弘氏(カメラ・生澤 英里香)

◆巨人1―4ヤクルト(12日・東京ドーム)

 巨人前2軍監督の川相昌弘氏(54)=スポーツ報知評論家=が、「TOKYOシリーズ」のイベントの一環として、巨人キラーとして活躍したヤクルトOBの川崎憲次郎氏(48)と1打席対決に臨んだ。

 「まずはホームランを狙いたい」と宣言していた川相氏だったが、外角低めへの4球目をバント。現役時代さながらの技で一塁線へ転がし「完璧。誰がランナーでもセーフになるでしょう」と胸を張った。

試合詳細

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請