【広島】アドゥワ、初完投お立ち台で絶叫「お母さん、やったよ~!」

お立ち台で、母へのメッセージを叫ぶアドゥワ
お立ち台で、母へのメッセージを叫ぶアドゥワ

◆広島8―1DeNA(12日・マツダスタジアム)

 お立ち台で絶叫した。「テレビで熊本から応援してくれたお母さん、俺、やったよ~!」。今季から転向した先発としての初勝利を完投で飾ったアドゥワ。胸ロゴや帽子がピンク色の「母の日」限定ユニホーム姿で、最愛の母・純子さんを思い浮かべた。

 初回先頭の神里に安打を浴びたが、1死二塁から宮崎、筒香をいずれも二ゴロに抑えて波に乗った。過去3度の先発で2度、初回に失点。「先制点を与えなかったのが良かった」。8安打されたが、無四球でテンポ良く投げきった。

 6回無死、石川の投ゴロは、両親から受け継いだ長いリーチを伸ばして楽々と捕球した。ナイジェリア人の父・アントニーさんは身長186センチ。母は実業団・ダイエーで活躍した元バレーボール選手で180センチだ。「悪いことをしてもあまり怒られたことがない。勉強しろと言われたこともない。感謝してます」。母がうたた寝していると、ベッドから枕を持ってきて、頭の下にそっと置く。そんな優しい次男坊は196センチに育った。

 チームは開幕戦勝利以来の貯金1。阪神と並んで、4月3日(4球団同率)以来の3位に浮上した。昨季は救援としてV3を支えた20歳が、この日は救援陣を休ませた。「きょうはアドゥワでしょ!」と緒方監督の頬も緩んだ。(田中 昌宏)

 ◆アドゥワ 誠(まこと)1998年10月2日、熊本市生まれ。20歳。松山聖陵(愛媛)3年夏に同校を初の甲子園へ導き、初戦・北海戦で9回187球完投もサヨナラ負け。16年ドラフト5位で広島入り。1軍デビューした昨季は全て救援で53試合に登板して6勝2敗5ホールド。196センチ、83キロ。右投右打。年俸2200万円。兄の大(まさる、現バイタルネット投手)も九州国際大付で甲子園出場。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請