【古閑美保の目】渋野日向子は伸びしろの塊

ツアー初優勝で、仲間たちから水を掛けられ祝福される渋野日向子(カメラ・相川 和寛)
ツアー初優勝で、仲間たちから水を掛けられ祝福される渋野日向子(カメラ・相川 和寛)

◆報知新聞社後援 女子プロゴルフツアーワールド・レディス サロンパスカップ 最終日(12日、茨城・茨城GC東C、6560ヤード=パー72)

 首位から出た1998年度生まれ「黄金世代」の渋野日向子(RSK山陽放送)が4バーディー、3ボギーの71で回り通算12アンダー。大会史上最年少の20歳178日で、令和最初のメジャー制覇&ツアー初優勝を飾った。海外勢のメジャー連勝を「5」で止め、黄金世代では6人目の優勝。賞金ランクは2位に躍進し、8月のAIG全英女子オープンの出場権獲得も有力となった。

 渋野さんは風が吹いた最終日はショットがブレましたが、パッティングのうまさが光りました。小さいテークバックで、しっかりとボールをヒットするストロークは、速いグリーンにも重いグリーンにも適応できます。

 スイングが素晴らしい。体が大きく手も長いのでスイングが大きいのですが、両腕は体の近くを通るため再現性が高くなります。ただ、球が軽く左右の距離がブレる場面も。あの体であのスイングができるなら、飛距離は10~15ヤード伸びます。もともとハイボール。低い球も打てるようになれば、もっと「うまいな」「強いな」と思われる選手になるでしょう。

 ドライバーは飛距離が出るし、アイアンの精度だって上がる。アプローチは技術が足りない。伸びしろの塊です。日本女子ゴルフ界に久々に現れた逸材と言っていいでしょう。(2008年賞金女王)

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請