出水田大二郎、初優勝の祝賀会は「キャバクラ一晩で100万円」

出水田大二郎
出水田大二郎

 プロゴルファーの出水田(いずみだ)大二郎(26)が12日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS 男子ゴルフSP」(日曜・後7時)に出演し、昨年8月のRIZAP・KBCオーガスタでプロ初優勝した際、キャバクラで祝勝会を開き、一晩で100万円以上を使ったことを明かした。

 プロ8年目で初優勝した出水田は、選手会長の石川遼(27)が今注目する3選手の1人として紹介され、優勝を決めた瞬間、高校の先輩にあたる秋吉翔太(28)が「ものすごい泣きじゃくって駆け寄ってきて、すごい笑えてきて(自分は)泣けなかった」というエピソードを披露。その秋吉やキャディーの人たちを交え、約10人が集まった祝勝会は「キャバクラで、飲んだり騒いだりで、延長とかしたら100万を超えちゃった」と語った。秋吉によると、代金は「全部、大二郎がキャッシュで払った」という。

 やはり昨年にプロ参戦2年目で初優勝(9月のフジサンケイクラシックを制覇)した星野陸也(22)の祝勝会に、サプライズで出席したという石川も、このキャバクラ祝勝会の話は「そりゃ僕、行かないですよね」と一蹴した。

 ちなみに出水田の鹿児島・樟南高時代の2年先輩である秋吉も、昨年5月のミズノオープンで、プロ10年目の初優勝を遂げている。

 ◆出水田大二郎(いずみだ・だいじろう)1993年2月5日、鹿児島・鹿屋市生まれ。26歳。9歳から横峯良郎氏主宰の「めだかクラブ」でゴルフを始める。鹿児島・樟南高では九州ジュニア(15~17歳の部)3連覇。卒業後にプロ転向し、2012年に下部ツアー1勝。昨年8月にRIZAP・KBCオーガスタでプロ初優勝。昨年は賞金ランク66位で初の賞金シード獲得。183センチ、88キロ。AB型。家族は両親と兄、姉。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請