【オリックス】3点を追う4回に追いつく、8号2ランの吉田正「逆方向へ引っ張れた」

4回無死二塁、左越え2ランを放ち、笑顔で大城(左)とタッチを交わす吉田正
4回無死二塁、左越え2ランを放ち、笑顔で大城(左)とタッチを交わす吉田正

◆オリックス―楽天(12日・ほっともっと神戸)

 4連勝を目指すオリックスは1―4の4回に3点を奪い追いついた。

 先頭の大城が楽天の先発・福井から右翼線への二塁打で出塁。続く吉田正が3ボール1ストライクからの外角低めのシュートを左翼スタンドへ運んだ。2試合ぶりの8号2ランに「完璧です。しっかりヘッドが立って、逆方向に引っ張ることができました」と会心の一打だった。

 さらに小島、山足も続いて4者連続安打。1死二、三塁となり西浦の二ゴロの間に1点を奪い追いついた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請