馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

【ヴィクトリアマイル】柴田善騎乗の6歳牝馬デンコウアンジュは12着 「一番嫌な展開になった」

12着のデンコウアンジュ
12着のデンコウアンジュ

 ◆第14回ヴィクトリアマイル・G1(5月12日・芝1600メートル、東京競馬場、良)

 春の古馬マイル女王決定戦はフルゲート18頭によって争われた。

 5番人気のノームコア(牝4歳、美浦・萩原清厩舎)が直線で外から差し切ってG1初制覇。勝ち時計は1分30秒5のJRAレコード。短期免許で騎乗しているダミアン・レーン騎手(25)=オーストラリア=もJRA・G1初制覇を果たした。

 2着には外を伸びた4番人気のプリモシーン(福永祐一騎手)、3着には11番人気のクロコスミア(戸崎圭太騎手)が入った。1番人気のラッキーライラック(石橋脩騎手)は3着に鼻差及ばずの4着。逃げた2番人気のアエロリット(横山典弘騎手)は5着に終わった。

 柴田善騎手(デンコウアンジュ=12着)「時計が速いので気になったが、一番嫌な展開になった。脚がたまるところがなかったし、流れが速すぎた」

 内田騎手(サトノワルキューレ=13着)「時計が速い。マイルで時計速い馬場だと、ちょっと忙しい。最後はじりじりきている。馬場などがうまくかみあえば、もっとやれる」

 坂井騎手(アマルフィコースト=14着)「輸送競馬だったけど、テンションはいつも通り。さすがに時計が速すぎました」

 三浦騎手(フロンテアクイーン=15着)「外枠だったんで、うまく内に潜り込めれば良かった。このペースなんで、ついていくので精いっぱい」

 中谷騎手(ワントゥワン=16着)「時計が速い。しまいがかかるような競馬になってくれないと。今日は前がとまらなかった」

 秋山騎手(メイショウオワラ=17着)「時計が速すぎた。追走で精いっぱい」

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請