【ロッテ】井口監督「投打がかみ合って勝てた」4点差逆転勝利で3カード連続勝ち越し

逆転勝利に笑顔の井口監督(カメラ・岩下 翔太)
逆転勝利に笑顔の井口監督(カメラ・岩下 翔太)

◆ソフトバンク―ロッテ(12日・ヤフオクドーム)

 ロッテが4点差から逆転勝利し、3カード連続勝ち越しを決めた。

 井口資仁監督(44)は「石川も失点の後、切り替えて投げてくれた。打線も1点ずつでしたけど、しっかりとチャンスをものにしながら、投打がかみ合って勝てた」と粘りを見せたナインの奮闘を評価した。

 先発・石川が3回までに4失点。「試合を作れなかったので申し訳ないなという気持ちだけですね」と反省した右腕だったが、7回に井上の同点打と中村奨の勝ち越し打などで逆転に成功。「ああいうところでクリーンアップが打てば、周りもついてくる」と2人の活躍を称賛。開幕投手の石川も6回4失点も今季6度目の登板でようやく初白星がついた。

 投手陣は石川の後を継ぎ、7回を酒居、8回を唐川、9回は守護神・益田が締め10セーブ目を挙げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請