馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【ヴィクトリアマイル】プリモシーン首差届かずの2着 牝馬G1完全制覇ならずの福永『本当に残念。悔しいです」

ゴール前でプリモシーン(中)を競り落とし、ノームコア(右)がヴィクトリアマイルを制す
ゴール前でプリモシーン(中)を競り落とし、ノームコア(右)がヴィクトリアマイルを制す

 ◆第14回ヴィクトリアマイル・G1(5月12日・芝1600メートル、東京競馬場、良)

 春の古馬マイル女王決定戦はフルゲート18頭によって争われた。

 5番人気のノームコア(牝4歳、美浦・萩原清厩舎)が直線で外から差し切ってG1初制覇。勝ち時計は1分30秒5のJRAレコード。短期免許で騎乗しているダミアン・レーン騎手(25)=オーストラリア=もJRA・G1初制覇を果たした。

 2着には外を伸びた4番人気のプリモシーン(福永祐一騎手)、3着には11番人気のクロコスミア(戸崎圭太騎手)が入った。1番人気のラッキーライラック(石橋脩騎手)は3着に鼻差及ばずの4着。逃げた2番人気のアエロリット(横山典弘騎手)は5着に終わった。

 福永騎手(プリモシーン=2着)「ある程度やりたい競馬はできた。最後まであきらめずに頑張って走ってくれた。これ以上望めないくらい。(勝ち馬と同じ)レコードで走ってるし、一生懸命走ってくれた。本当に残念。悔しいです」

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請