【西武】山川、日本人ぶっちぎり最速100号! 歴代でも6位タイ

3回1死二塁、2ラン本塁打放った山川穂高は通算100号本塁打を達成
3回1死二塁、2ラン本塁打放った山川穂高は通算100号本塁打を達成

◆日本ハム―西武(12日・札幌ドーム)

 西武の山川穂高内野手(27)が日本人最速で100号本塁打を達成した。3回、バーベイトから左翼席最上段へ今季14号2ランを放った。

 通算321試合目での100号到達は、87年秋山幸二(西武)の351試合を大幅に上回る日本人史上最速記録。外国人選手を含めてもウッズに並び、歴代6位タイのスピード記録となった。

 山川は14年にプロ1号を放ち、昨季は47本塁打で本塁打王を獲得。今季もここまでレアード(ロッテ)と激しいキング争いを繰り広げている。デビューからハイペースでアーチを重ねてきた生粋のスラッガーに、新たな勲章が加わった。

 100本塁打の達成スピード順位は以下。

1位 ブライアント(近鉄) 246試合

2位 カブレラ(西武) 247試合

3位 ソレイタ(日本ハム) 303試合

4位 バース(阪神) 304試合

5位 デストラーデ(西武) 308試合

6位 ウッズ(中日) 321試合

6位 山川穂高(西武)321試合

8位 バレンティン(ヤクルト) 326試合

9位 ペタジーニ(ヤクルト) 333試合

10位 マニエル(近鉄) 348試合

11位 秋山幸二(西武) 351試合

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請