【DeNA】ラミレス監督異例采配 2回守備途中に今季2度目スタメンマスクの戸柱を交代

2回2死一、三塁の場面で交代を告げられベンチへ戻る戸柱恭孝
2回2死一、三塁の場面で交代を告げられベンチへ戻る戸柱恭孝

 ◆広島―DeNA(12日・マツダ)

 DeNAのラミレス監督が12日、広島戦で異例の采配を見せた。

 先発の京山が初回、鈴木の3ランを許し先取点を奪われた。2回、アドゥワの右前適時打で4点のリードを許した。さらに1死一、二塁から菊池が右飛。二塁走者がタッチアップし2死一、三塁となったところで、指揮官はベンチを出ると捕手の戸柱を伊藤光に交代した。イニング途中、しかも序盤で投手と一緒にではなく、捕手だけ交代するのは異例だ。

 この日、初回に野間に二盗、2回に田中に二盗。その後、京山の投球前に二塁走者の田中が三塁へスタート。京山が三塁へ送球したが間一髪セーフとなるなどここまで3個の盗塁を許していた。投手のアドゥワを追い込みながらタイムリーを許すなど、リード面にも不満を感じ、流れを変えるためにラミレス監督は早期の交代を決断したのかもしれない。

 指揮官は試合前、戸柱の今季2度目のスタメン起用について「マツダスタジアムで成績がいいから」と理由を説明していたが、2回途中での交代となった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請