【広島】誠也、母に届け先制3ラン「この年になって感謝の言葉を言えるように」

1回1死一、二塁、レフトへ先制3ランを放つ広島・鈴木
1回1死一、二塁、レフトへ先制3ランを放つ広島・鈴木

◆広島―DeNA(12日・マツダスタジアム)

 広島の鈴木誠也外野手(24)が11号3ランで先取点をもぎ取った。

 初回1死一、二塁。カウント1―1から京山のチェンジアップを左翼ポール際に運んだ。「少しバットの先でしたが、先制点になって良かったです」と大喜びした。

 この日は母の日。広島は「母の日ユニフォーム」を着用し、お母さんの優しさをイメージしたピンク色を、胸ロゴ、背番号、帽子に彩った。鈴木もこの日限定で打席登場曲にAIの「ママへ」を選択。試合前には母・貴美江さんについて「この年になって感謝の言葉を言えるようになりました。昔は言えなかったですけどね」と照れ笑いしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請