【巨人】ゲレーロ&ビヤヌエバ、2軍降格後の初実戦で連弾 早期昇格アピール

イースタン・西武戦で左越え2ランを放ったビヤヌエバ
イースタン・西武戦で左越え2ランを放ったビヤヌエバ

◆イースタン・リーグ 西武2―12巨人(11日・高崎)

 巨人のアレックス・ゲレーロ外野手(32)とクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)が2軍降格後、初の実戦となるイースタン・西武戦(高崎)で連弾を放った。

 まず見せたのはビヤヌエバだ。「3番・三塁」で先発すると、4回1死一塁の第3打席で左越えに2ラン。直後の4番・ゲレーロは追い込まれてからの3球目を完璧に捉え、左越えソロ。打率2割台前半で再調整を命じられた2人が結果を示し、早期昇格へアピールした。「ここにいる時間を利用して早く戻りたい」と話していた助っ人大砲らは、笑顔でチームメートとハイタッチを交わした。

 ともに途中で交代したが、ビヤヌエバは3打数1安打2打点1四球。ゲレーロは3打数3安打1打点1四球と全出塁の活躍で、10日の1軍がたたき出した23安打19得点に劣らぬ17安打12得点を演出した。

 試合後、村田ファーム打撃兼内野守備コーチは「試合の期間が空いていたけど、見ていってはダメ。真っすぐを中心に積極的に振りにいった結果」とうなずいた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請