【ヤクルト】石川が緊急事態救った 前夜19得点G打線相手に入団18年連続勝利

 ◆巨人1―3ヤクルト(11日・東京ドーム)

 ヤクルト・石川雅規投手(39)が、前夜に19得点した巨人打線を相手に5回4安打無失点の快投。主力にアクシデントが続出し、ブルペンに昨季を支えた近藤、石山を欠く中、後を継いだマクガフ、ハフ、梅野がリードを守りきった。

 チームは20勝到達。小川監督は「良かったですね。石川らしさを十二分に発揮してくれた。リリーフ陣もしっかり投げてくれたけど、何より石川」と絶賛した。これで球団最長を更新する入団18年連続勝利。ウィニングボールを受け取り「ひとりでできることじゃない。支えてくれた家族、トレーナーさん、監督、コーチ、応援してくれたファンの方がいたから勝てた。向こう(巨人)はどんどんくるので、コンタクトされないよう、より低め、近めに投げようと考えました」と感謝を口にした。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請