【オリックス】7回無失点のK―鈴木に勝ち星はつかず、西村監督「何とか勝ちをつけてあげたかった」

力投するK−鈴木
力投するK−鈴木

◆オリックス6―3楽天(11日・ほっともっと神戸)

 オリックスは2点を追う8回に5得点を挙げて逆転勝ち。今季初の3連勝とした。

 先発のK―鈴木は7回無失点と好投したが、1点リードの8回に救援陣が3失点し勝ち星は逃した。打線は7回まで1得点のみで西村監督は「もっと点を取ってあげないと。何とか勝ちをつけてあげたかった」と2年目右腕にプロ初勝利はつかず悔しがった。

 1点を守る8回に沢田、小林、左沢、金田の4投手をつぎ込んだが3失点。それでも、8回1死満塁で白崎が左前2点打で追いつくと、1死一、二塁で山足が左中間への2点三塁打を放ち勝ち越した。指揮官は「(8回に)投手が打たれた継投は監督のミスです。野手がカバーしてくれた」と打線をたたえた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請