【巨人】メルセデス、5回まで3失点

4回1死、村上宗隆(手前)に左越えソロ本塁打を許したメルセデス(カメラ・宮崎 亮太)
4回1死、村上宗隆(手前)に左越えソロ本塁打を許したメルセデス(カメラ・宮崎 亮太)

◆巨人―ヤクルト(11日・東京ドーム)

 巨人が4回に先取点を許した。

 3回無失点と安定した立ち上がりを見せていた先発メルセデスは、4回1死から村上に左越え10号ソロを被弾すると、なおも2死満塁で太田に左前2点適時打を許し3点を奪われた。

 5回は走者を許すも好守に助けられ、無失点で切り抜けた。

 打線は、初回1死で坂本勇がヤクルト先発左腕・石川の4球目、外角のシュートを捉え、中前安打を放ち、開幕からの連続出塁の試合数を35に伸ばし、広島時代の97年に金本知憲がマークしたリーグ記録に並んだ。

 その後、走者を出すも5回まで石川を打ち崩せていない。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請