【オリックス】8回に逆転を許す、7回無失点のK―鈴木のプロ初勝利はお預け

好投するオリックスのK−鈴木
好投するオリックスのK−鈴木

◆オリックス―楽天(11日・ほっともっと神戸)

 オリックスはプロ初勝利を目指す先発・K―鈴木が7回無失点。しかし、8回に救援陣が3失点し、逆転を許した。

 K―鈴木は最速152キロの直球を軸に112球を投げ7回無失点9三振を奪う力投。「いつも通り打者一人一人全力で抑えることがだけを考えて投げました。バランスよく指にかかったボールを投げることができたと思います」と浅村から3打席連続三振を奪うなど圧巻の投球を見せた。

 しかし、1点リードの8回に救援陣が崩れた。2番手・沢田が先頭打者に四球で出塁を許すと、1死二塁で浅村に左中間への適時二塁打で追いつかれた。1死一、二塁となって登板した3番手・小林はウィーラーに右前打。1死満塁となって登板した4番手・左沢が銀次に押し出しの四球を与えて逆転を許した。なおも1死満塁で5番手・金田がブラッシュに左犠飛を放たれ1失点。この回3失点と試合をひっくり返された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請