馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

勢いある血統(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は京都競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 本日は色々と小忙しい競馬場勤務でして、前振りゾーンは省略ということでご勘弁を…。ちなみに昨夜会社を出て、友人と飲みに出かけた時に3―5だったジャイアンツの試合が、は19―7という、えらいスコアになっているのを今朝の朝刊で見た時はビックリしたなぁ。こんな高校野球みたいな大逆転劇ってあるのね。

 さて、早速本題へ。今日は松永幹厩舎の2歳馬について、少々触れたいと思います。現在、栗東に入っているのは2頭。まずは【ギルデッドミラー(牝、父オルフェーヴル、母タイタンクイーン)】ですね。兄にストロングタイタン、そして短距離界の新星になりつつあるミラアイトーンを持つ血統です。ちなみに、オルフェ産駒の牝馬という点では明日のヴィクトリアMに出走するラッキーライラックと同じですね。

 こちらは松永幹調教師への取材の感触がなかなかいい。「オルフェの牝馬ですけど、気性は悪くないですよ。スピードがあるタイプで、いいモノを持っているなと感じています」と笑顔で口にします。母のタイタンクイーンはミラアイトーン以来、2年間子供がいなかったんですが、ようやくといった感じでしょうね。今後の調教次第では阪神での初陣も視野に入れている様子。ラッキーに続くような活躍を期待してしまいます。もう一頭はナンヨープランタンなどの下にあたる【ナンヨーボジョウ(牡、父クロフネ、母テキサスルビー)】は成長を促しつつ、兄同様に北海道でのデビューを視野に入れているようです。

 今日は先月初めにPART1で書いた後、全く触れてなかった音無厩舎のPOG取材会の様子をお伝えしましょうか。まずは言わずもがなの血統馬が【ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト、母クリソプレーズ)】です。全姉のマリアライトを始め、クリソライトやクリソベリルなど兄姉に活躍馬が非常に多い。「期待馬の1頭です」と音無調教師も口にします。「春先移動は考えていない。成長を促したい」とのことで、秋の王道デビューを思い描いているようです。

 続いては取材の感触でピンときたのが【テーオールネサンスの17(牡、父スクリーンヒーロー)】。サンライズペガサスなどと同じ一族で、松岡隆雄オーナーです。「牧場サイドから『背中がいい』と聞いています。クラシックと思って、買ってもらった馬ですからね」と口にしていました。こちらも秋以降まで成長を促す方針です。

 あとは感触という点では【フララインの17(牡、父キングカメハメハ)】もよかったですね。個人的に好きな言葉のひとう、「化けるかもしれない」という言葉を聞いたんです。「体は増えそうだし、慌てなければ化けるかもしれないね」と期待している雰囲気が伝わってきました。

 ということで、ネット限定「厳選馬」は、その音無厩舎から。

京都6R・6ミッキーバディーラ(勝ち上がりまでに時間がかかったが、豊富なキャリアで馬が良化。昇級即勝負になる。単勝と、(3)クロウエアとの馬連1点かな)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

京都1R・8ウェイクール(前回の直線で伸び脚光った。この条件に適性高い)

東京9R・3ハヤヤッコ(ここは実に豪華メンバーだが、この馬の自在性を買う)

東京10R・2エングレーバー(きさらぎ賞は馬場に泣いた。強敵相手に完勝した2走前を見直す)

新潟11R・6ジャーミネイト(左回りは得意。叩いた上積みも見込んで)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

 「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニ、イオン系スーパーのマルチコピー機で発売中です。「社台ファーム編」、「ノーザンF早来編」、「追分Fリリーバレー編」、「ノーザンF空港編」をいずれも両面400円で販売。ぜひご購入ください。購入方法はこちら

2歳馬特集ページ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請