【DeNA】ドラ1・上茶谷 6回2失点も遠いプロ初勝利

2回1死一、二塁、西川龍馬のレフトへの適時打で先制点を許した上茶谷大河が汗をぬぐう 
2回1死一、二塁、西川龍馬のレフトへの適時打で先制点を許した上茶谷大河が汗をぬぐう 

◆広島―DeNA(11日・マツダ)

 DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(22)が11日の広島戦で先発し6回5安打2失点と粘りの投球を見せた。しかし援護なくプロ6戦目でも初勝利はならなかった。

 初回、2死からバティスタを歩かせると鈴木、松山に連続安打を許し1失点。2回は1死二塁から投手のジョンソンに四球。その後、1番の西川に左前適時打を浴びた。

 しかし、3回からは立ち直った。直球も130キロ台後半だったものが、145キロまで計測するなど腕が振れた。3、4回はいずれも3者凡退。5回1死から菊池に中前安打を許すも後続を封じた。6回も3者凡退に抑え、7回の打席で代打を送られた。

 プロ6度の先発中、今回でクオリティースタート(6回自責3以内)は3度目。過去に2度勝利投手の権利を消されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請