【阪神】原口、2軍戦で術後初マスク「実戦を積み重ねていきたい」

復帰後初めて守備に入った原口
復帰後初めて守備に入った原口

◆ウエスタン・リーグ 阪神0―1オリックス(10日・兵庫県鳴尾浜)

 大腸がんからの復活を目指す原口が、ウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)で術後初のマスクをかぶった。

 1点を追う8回2死で代打出場。中飛に倒れたが、9回にそのまま守備に就いた。石崎とバッテリーを組み、捕逸で2死二塁のピンチを招いたが、1イニングを無失点。「今日は守備に就けたことが良かった。ミスもしたので何とか投手を助けられるように実戦を積み重ねていきたい」。

 11日からの2軍遠征(上富田)にも帯同し、出場機会を増やしていく。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請