【東都大学準硬式野球】専大が好継投で勝ち点

先発で勝利に貢献した専大・小倉
先発で勝利に貢献した専大・小倉

◆東都大学準硬式野球1部春季リーグ戦 専大6―1日大(10日・上柚木公園)

 専大が好継投で3つ目の勝ち点を挙げた。

 2回、西川舜悟(1年=東海大菅生)の適時打などで2点を先制すると、3回に高野良輔(2年=滝川二)の適時打で1点を追加。5回に上野滉平(4年=県岐阜商)の適時打、6回には中谷功大(3年=広陵)の適時打などで着実に加点。先発の小倉一優(2年=星稜)から松澤知大(4年=関東学園大付)につないで逃げ切った。

 日大は4回、上野純貴(3年=大垣日大)の犠飛で1点を返したが、失点が響いた。

 専大・小倉一優「今回出た課題を次戦では直して、打たせてとる投球をします」

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請