【欧州CL】トットナムが大逆転で初の決勝進出…ルーカスが3発

試合終了間際、ハットトリックとなる3点目を決めジャンプして喜ぶトットナムのルーカス・モウラ(左、ロイター)
試合終了間際、ハットトリックとなる3点目を決めジャンプして喜ぶトットナムのルーカス・モウラ(左、ロイター)
欧州CL決勝の同国対決
欧州CL決勝の同国対決

◆欧州CL準決勝第2戦 トットナム2-2アヤックス ※2戦合計3-3、アウェーゴール数で上回ったトットナムが決勝進出(8日、アムステルダム)

 本拠の第1戦を0―1で落としたトットナム(イングランド)が、アヤックス(オランダ)に3―2で勝利し、大逆転でクラブ史上初の決勝進出を果たした。

 前半だけで2点を奪われたが、後半に元ブラジル代表FWルーカス・モウラ(26)のハットトリックで試合をひっくり返し、2戦合計3―3としてアウェーゴール数で上回った。6月1日にスペイン・マドリードで行われる決勝ではリバプールと対戦。11季ぶりのイングランド勢対決で頂点を狙う。

 想像を超えたフィナーレが待っていた。後半ロスタイムが目安の5分台に突入した51分、MFアリからのパスに抜け出したFWルーカスが左足を振り抜くと、ゴール右隅に吸い込まれた。一時は合計0―3と絶体絶命の状況から、ルーカスの劇的なハットトリックでクラブ史上初の決勝進出。ポチェッティーノ監督(47)は「これは奇跡に近い。信じられない」と人目もはばからず号泣した。

 ホームでの第1戦を落とした上に、この日も前半に2点を先行された。だが、3点が必要な後半開始から長身FWリョレンテを投入すると、流れが一変。まずは同10分、カウンターから全速力で駆け上がったルーカスが左足で反撃ののろしを上げるゴールをマーク。圧巻だったのは同14分。ゴール前の混戦でボールを拾ったルーカスが、相手DF5人に囲まれながらも軽快なステップで翻弄。密集地から左足を振り抜き、2点目を挙げた。ロスタイム弾を含め全3得点をたたき出したブラジル人アタッカーは「人生で最高の瞬間。サッカーは本当に素晴らしい」と喜びを爆発させた。

 “リバプールの奇跡”に勇気をもらった。7日に第1戦を0―3で落としていたリバプールが、バルセロナを4―0で下し、大逆転で決勝進出を決めた。英BBCによると、この日1点目の起点となったトットナムのイングランド代表DFローズは「昨夜、リバプールの試合を見た。全てが終わるまでは何も終わっていないということを示してくれた」と触発されたことを明かした。

 決勝ではリバプールと対戦。同国同士の決勝は7度目、イングランド勢同士は07~08シーズンのマンチェスターU対チェルシー以来2度目だ。「戦術ではない。信念を貫いた結果だ」と選手をたたえた指揮官。奇跡を起こした2チームが、最高の舞台で対決する。

試合終了間際、ハットトリックとなる3点目を決めジャンプして喜ぶトットナムのルーカス・モウラ(左、ロイター)
欧州CL決勝の同国対決
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請