石井めぐみ氏、甲状腺の腫瘍摘出手術を受けていた「女優に戻れないかも」覚悟明かした

石井めぐみ氏
石井めぐみ氏

 「噂の刑事トミーとマツ」などのドラマなどで活躍し、現在は国立市議会議員で女優の石井めぐみ氏(60)が甲状腺の腫瘍摘出の手術を行っていたことが、9日までにわかった。

 石井氏は7日のブログで大きな荷物を持ち入院することを報告し、「『議員に当選したばかりで何やってんだ!!!』と怒られてしまいそうですが・・・ちゃんと仕事もしていますよ」とベッドの上でパソコンを開く写真を投稿した。

 8日には「私の『覚悟!!!』」とエントリー。「大きくなりすぎた甲状腺の腫瘍摘出のために入院していました。どのように、みなさまに伝えしてよいのか分からず・・・あまり大事(おおごと)にもしたくなくて、それでも敢えて公表させていただきました」と手術を行ったことを明かした。

 その上で、「なぜなら、この手術を受けるということは、『女優の道には戻れないかもしれない』という私の覚悟だからです。首元にはたぶん大きな傷が残ります。以前のような声は出なくなるかもしれません。それでも私は、しっかりと自分の使命を果たすために生きたいと思ったのです」と手術を決断した理由を説明し、手術直後にVサインをする写真を添えた。

 そしてこの日、「ご心配をお掛けしてもうしわけありません。手術翌日ですが、もうすでに元気です!!!お粥もいただきました」と笑顔で食事をとる写真をアップし、順調な回復ぶりをうかがわせいてた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請